自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

看護師

20代からの予防対策

看護師

子宮頸がんは子宮頸部にできるがんであり、性交渉によって起こる可能性が高くなると認められています。日本では30代に発症が集中しており、20代の女性でもなる可能性は十分にあります。子宮頸がんは早期発見で負担の少ない治療となることから、検診が第一の予防法として呼びかけられています。

詳細を確認する

自律神経とは

病棟

自律神経失調症というのはよく聞く言葉です。自律神経というのがどういった働きをしているか、はっきりと知っておきたいものです。まず自律神経は、交感神経と副交感神経に分かれます。この二つの神経が正常な場合は、起きている時間に交感神経が働いて、寝るときやリラックスしている時間に副交感神経が働きます。このように身体に影響が大きい神経ですので、バランスが崩れてしまうと色んな場所に症状が出てしまいます。検査をしても何も出ない場合にも自律神経失調症と言われることもあります。自律神経失調症だからといって治療をしないまま放っておくと、うつ病や不眠症といった心理的な病気になってしまう場合がありますので、病院での受診が必要です。

自律神経失調症になってしまうと治療期間が長く続く場合もあり、心身ともに疲れてしまいます。何か自分で出来る改善方法を探してみるのも一つの手です。自律神経失調症に効果があると言われているものの一つに、自律訓練法というのがあります。これはドイツのシュルツ博士によって開発された、心身をリラックスさせるための自己催眠法です。自己暗示によって手や足の力を抜いてリラックスしていき、呼吸もゆっくりすることを意識します。近年ではCDが発売されているので、それを利用するのが簡単に試すことが出来ます。こういったリラックス法が無理な場合は、まず病院で自律神経調整剤や抗不安薬などの薬物療法を行うなどの、症状の緩和が大切です。

年齢を重ねるごとに増える

カウンセリング

下肢静脈瘤は様々な原因が重なって発症する確率が上がります。もし、自分に心当たりがあるならば早めに医療機関を訪れ、重症化する前にしっかりと治療に取り組むことが第一です。治療方法が手術だけではありません。安心して受診して下さい。

詳細を確認する

乳房のがんの進行と状態

医者

罹患率が増加しているとされる乳がんですが、初期の段階で発見されにくい上に転移を起こしやすいという性質を持っています。表面的に触ると分かるしこりがある場合は検査を受けようと思う方も多いとされますが、しこりが分かりにくい場合もあるので医療機関は女性は念のために検査を受けることを勧めています。

詳細を確認する