年齢を重ねるごとに増える|自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

医者

年齢を重ねるごとに増える

カウンセリング

必ずしも手術ではない

下肢静脈瘤というと高齢な方が発症する病のように思うかもしれませんが、一般的には中高年から発症の兆しがある病気です。割合からすると男性より女性の方が下肢静脈瘤の発症率が3倍高いのです。職業で言うと美容師、調理師、販売員などの立ち仕事をされている方がかかり易いです。また、糖尿病や中性脂肪の高い方、肥満体形の方や運動不足の方などもハイリスクに値します。でも下肢静脈瘤を発症する前に、自分で努力する事も可能です。例えば、食事を和食中心にする、ちょっと時間があったら軽いストレッチなどをすると下肢の血流が改善されやすくなります。下肢静脈瘤は自分で気にかけ発症を避ける事ができる病なのです。また。発症しても進行度などは千差万別なので、軽く考える前に医師の診察を心掛けましょう。

症状や状況に応じた対応

様々な要因が下肢静脈瘤の発症の原因です。中でも、仕事柄立ち仕事と縁が切れない方もいるはずです。そんな場合は、予防法として弾圧ストッキングを着用する事です。これは血流の改善を促す効果が期待できます。また、アロマオイルを使用してふくらはぎをマッサージする事による疲労の回復の効果もあります。この他には、食生活の改善として、脂質を減らし静脈への負担を軽減するのも良い方法です。手軽にでき長続きする方法としては、お風呂上がりなど時間ができた時に行う軽い運動やストレッチが予防として注目されています。下肢静脈瘤は手術だけが治療ではありません。長引くむくみが現れたら、早めに医療機関を受診することが第一でしょう。