乳房のがんの進行と状態|自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

医者

乳房のがんの進行と状態

医者

ステージ0から4の診断基準

乳がんのステージは1から4までありますが、ステージ分類を予測するために用いられる診断分類はTMN分類とTmn分類の2種類が存在しています。TMN分類は手術を行う前の段階で治療法を考え出すために用いられる分類で、しこりのサイズや転移など総合的に診て判断をします。Tmn分類は手術後の経過観察や治療を考え出すために用いられ、手術の際に発見した乳がんの状態で判断します。次に、ステージごとにある診断基準と状態についてです。ステージ1はしこり(腫瘍)が2センチ以下で、2.1から5センチ以下の大きさになるとステージ2となります。ステージ3は、大きさが5.1センチ以上になると診断されます。ステージ4の診断は、しこり(腫瘍)の大きさを問わず胸郭への浸潤状態がみられる・皮膚に病変がみられる・胸郭浸潤状態と皮膚病編の両方がみられる場合に下されます。ステージには0も存在します。ステージ0は乳がんが乳腺組織から出ることなく乳腺内に留まっている早期がんで、転移も起こしてない状態です。この状態を非浸潤と呼びますがしこりが発見しにくいので、未発見のステージ0がある場合は1になってから見つかることが多いとされます。

発見のため定期検査は大事

乳がんはリンパ節に転移しやすいので、各臓器に遠隔転移を起こす可能性が高いといわれています。リンパ節へ転移を起こしている場合は、脇にしこりや盛り上がりができることがあります。脇下のリンパ節に転移している場合はステージ2以降の診断を受けますが、ステージ2の段階であれば重症度は低く各臓器への遠隔転移を防ぐことができます。乳がんは早期発見が大切なので、女性は定期的に婦人科にて検査を受けることが勧められています。乳がんといっても乳房の中に存在する組織は数種類あるため、どの組織に生じるかは人により異なります。しかし、転移はしやすい性質を持つがんなので早期発見のために自己チェックや定期的な検査は必要です。問題のないしこりや発見しにくい乳がんがあるので、不安になり過ぎないことやセカンドオピニオンを受けることは大切なことだと思います。