20代からの予防対策|自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

自律神経失調症と闘おう|心を虫食む病に注意

医者

20代からの予防対策

看護師

子宮頸部にできるがん

子宮頸がんは子宮の頸部にできるがんを言い、がんの進行が遅いのが特徴です。日本では毎年約1万人もの人が発症していると言われ、30歳代に集中しています。子宮頸がんが見つかれば、その部分を摘出する治療が行われます。しかし、摘出する手術では初期から中期の場合に限られ、状態が進行すれば放射線療法や化学療法が用いられます。子宮頸がんが転移する場合、膀胱やリンパに広がっていきます。そして治療後に再発する可能性もあるので、病院での経過観察を怠らないようにしなければなりません。子宮頸がんは20代でも起きてしまう人もおり、妊娠中に判明した場合は治療も難しくなります。子宮頸がんは何よりも早期発見が大切なため、医療機関でも定期的な検診が呼びかけられている状況です。

検診の必要性

子宮頸がんの検診は産婦人科や婦人科、そして検診を専門に行う医療機関でも行われています。検診の内容は内診をしていく方法で行われ、膣内で摂取した粘液を研究機関に送って後日結果が知らされる流れとなります。ここで疑いが出た場合は、再度詳しく調べられます。子宮頸がんは早期に発見されれば、治療も比較的負担の少ないものとなります。しかし、日本の女性で子宮頸がんへの認知度はまだまだ低く、検診を受ける人は多くはありません。子宮頸がんの可能性がある人は、性交渉の経験がある人です。性交渉による粘液の接触がはっきりとした原因となっていることから、若い女性の約8割が子宮頸がんの可能性があるとされています。現在は20歳から検診を受けるように国でも推奨されており、1年に1回は受けていきたい対策です。自分の体や将来を守る意味でも、その知識や予防を知る必要性が求められています。